2009/01/20

冬 異変

今日の道新の一面の特集です。
今年の冬は天候がおかしいと思っていましたが
やはりまたもや記録的な暖冬みたいです。
またもや、というのは雪まつりの雪像が
融けるだの、1月に雨だの騒いだのがつい2年前
だったからです。まあ私は日本にいませんでしたが・・・。

去年は1月に20日連続真冬日(一日中気温がマイナスの日のこと)
があって、久しぶりに比較的寒い冬でした。

今年は寒かったり暖かかったりめちゃくちゃで、
気温も路面も毎日変わり、厄介この上ないです。
昨日も日中の気温が4月並の7度まで上がって雨が降り出す
始末で、積もっていた30cmの雪がぐちゃぐちゃのシャリシャリ
状態。歩いてもチャリでもまるで砂の上を歩くように疲れます。
一転今日は朝から夜まで降りっぱなしで35cm積もりました。

北海道に住んでいると、不思議なことに何故か12月くらいから
完全に身体が「冬モード」に変わり、マイナス1,2度が一番
「心地よい」と感じるようになる。これは本州から出てきた
友達もみんな口を揃えて言います。そんな身体にとって7度は
生暖かくて気持ち悪く、頭がすっきりしない感じ。
人間の身体って不思議ですね。

ってことで温暖化で暖かくなるからいいじゃないか、と
言ってもやはり雪国の冬は冬で寒いほうがいいです。
中途半端が一番困ります。

2 件のコメント:

ちきん さんのコメント...

うーん、、、溶けたかと思ったら昼間に一気に積もったな。
むっちゃ雪合戦しやすい雪だったwww

yu さんのコメント...

べちゃ雪だからね。
北海道の雪は丸めれないのが常識
なのに・・・