2011/01/24

白人の好きな物 - Sushi

各国のステレオタイプをネタにしたジョークは巷にたくさんありますが、
「白人」という凄い大雑把な括りで彼らをネタにした

Stuff White People Like(白人の人達が好きなモノ)

というブログがあります。ブログが元ネタとなって書籍化までされてます。
以前友人宅にこの本があったので手にとってみたところ、あるあるネタばかり
で結構笑えました。著者はトロント出身のカナダ人で、Wikipediaによれば「白人」
の中でも(著者自身を含む)「政治的にどちらかというと左寄りで、社会事情や環境問題
に敏感で、北米の都市に住む金持ち白人の滑稽で時に矛盾した行動」を書いているそう。

これが一方的にある特定の人種などをネタにした本ならかなりバッシングを食らう
ところだろうけど、社会的な強者が自虐ネタとして書いている、という
部分が考慮されるせいか笑いのネタとして結構ウケが良いらしい。
日本よりブラックジョークが受け入れられるとはいえ、特に人種に関ることだと北米
ではこのラインって結構微妙なとこ。その点イギリスってブラックジョークがかなり
許される土地柄らしいっていうことが今話題のBBC被爆者問題やゴールデングローブ賞の司会
の話(→この記事)で改めて露呈したかと。

何はともあれ、バンクーバー含め北米西海岸はまさにこの本の対象であるHipsterとか
Bohemianって言われるような人達がわんさかいるので、多分僕もこのブログを
読んでてピンと来たのでしょう。しかも特にうちの大学院なんてこういう人多いです。

この中で実はJapan #58Sushi #42という2つの日本関連のネタが入っている。
バンクーバーには各交差点に必ずスタバと寿司屋がある、と言われるほど北米の寿司メッカ
なので、今日は寿司の項目を意訳してご紹介。
(但し、バンクーバー人の寿司好きは単にアジア人がやたら多くて、中国系・韓国系の
人達が「寿司屋の方が儲かるから」っていう理由で店が増えただけかもしれません。
ただ、その「寿司屋の方が儲かるから」という理由の背景には以下のようなことが
絡んでるかも)


#42 Sushi

ベジタリアン、ビーガン(肉に限らず動物系の物を一切食べない人)、または
単に肉を食べるのに罪悪感がある人、それら全てをひっくるめても白人はみんなSushiが大好きです。
彼らにとってSushiとは高価、エキゾチック、そして「教養のない人達」があまり好まない、
という彼らの欲求を全て満たしているからです。

しかし、白人のSushi好きにはいくつかのレベルが存在します。

その最底辺にいるのがスパイシーツナロールやカリフォルニアロールを好む人達です。
彼らは「ロックンロール」とか「マジックスシカンパニー」といったような名前が
ついた店、あるいはトレーダージョーズ(カリフォルニア発の健康食品屋)のような
スーパーで買ってきたSushiを食べます。多くの場合、こういった寿司はホンモノでは
ありませんが、彼らにとっては大好物です。

その次にいる層がSushi snob(通を気取った人)の初級者達です。
彼らはまだロール(巻物)が大好きですが、ツナやサーモンの刺身、そして稀に
ウナギくらいにまで手を出す場合もあります。

そして最上位にいるのがwhite sushi snobです。彼らは、とにかく何でもかんでもやりすぎ。
多くの場合彼らはカウンター席にしか座らず、日本語でオーダーを試み、そしておまかせ
しか頼みません。彼らはロール好きや、握りを正しい方法で食べれない人達
のことを激しく軽蔑しています。

更に、白人の人達はSushiと一緒にお酒を頼まないとホンモノ体験が完結しないとも
思っています。

さて、ではこれらの情報が個人的な損得にはどのように関ってくるのでしょうか?

白人の人達は、美味しいSushi屋に行くことに関しては目がありません。
と言う訳で、「街で一番のSushi屋に連れていってあげる」と誘えばまず断られることは
ないでしょう。アジア人男性諸君にとっては白人の女の子をデートに誘う
格好のツールです。そしてもしかすると、本当にもしかすると、君もブルース・リーや
ポール・カリヤの仲間入りを果たせるかもしれません。
(注:二人とも珍しく白人女性と結婚したアジア人。アジア人男性は白人女性に
モテない、というステレオタイプをネタにしている)

白人にとってSushi屋に行くというのは特別なことです。朝ご飯ほど大事、とは
言いませんがとにかくある程度の期待が付き物です。
(注:白人は土曜日の朝に寝坊して朝ご飯専門店に行くのが大好き、というのもネタの1つ)

ただ、お目当ての人がベジタリアンだった場合はどうしたらいいでしょう?
大丈夫、なぜか自称ベジタリアンの白人の多くはSushiを食べます。
おそらく魚は豚・牛・鶏と同じステータスを得るには可愛さが足りないのでしょう。



皮肉たっぷりでかなり的を射た指摘ばかりですが、生憎バンクーバーでは寿司屋が多すぎて
価格崩壊が起きていて、Sushiは安く気軽に済ませたいときの代名詞になりつつあります。
ただ、その多くがsushi snobが軽蔑するロール中心のお店。Snob向けのウンと高いお店も
いくつかあるので、近年日本でも激安回転寿司が増えてきたように二極化が起こっている
といえるでしょう。

「日本人としてバンクーバーで一番うまいSushi屋はどこだと思う?」と
聞かれることはしょっちゅうあります。

2 件のコメント:

依利 さんのコメント...

おもろい!
ブログも単語が平易だから、
固有名詞は飛ばしつつそれなりに読めた。
コメントの数がすごくて、しかも白人に叩かれてるってのもおもしろいね。

彼自身、白人のセレブだからかな。

yu さんのコメント...

おもろいよねー。
コレ見てると結構白人社会が分かるよ。