2010/04/07

近況

どうでもいいネタならともかく、少し気合いを入れて書こうと思うとブログ
というのは結構まとまった時間が必要。
最近流行りのTwitterなんかはその分気楽といえば気楽なんだけど、
僕としてはどちらかというとブツブツつぶやくよりはやはりまとまったものを書きたい派。
(と言いながら一応Twitterアカウントだけは持ってますが、もっぱらフォロー専門)

ということで、書きたいことはいくつかあるのですが、如何せんここのところ
忙しく手が回りません。

一応生きています、というご報告。


来週がとうとう学期最後の週ですが、20ページのペーパー2つ、10ページのペーパー1つ、
プレゼン2つ、夏のインターン(仕事)の面接、そして幹事をしているパーティーの企画、
とやること盛り沢山で慌ただしい日々を送っています。

イースターの四連休は土曜日にウィスラーへ行った以外は3日間とも朝9時から
夜の7時までずーっと1階のカフェで法律のクラスのペーパー書きに追われていました。
と言ってもウィスラーは4月とは思えない腰までパウダーのコンディションだったので
いいリフレッシュになりました。


パーティーは、早めに色々と準備をしていたので後は細かいことを決める
だけだ、と思っていた矢先、なんと予定していたキャンパス内の会場がアルコール
ライセンスを剥奪される、という思わぬアクシデント発生。原因は未成年(学部生)
が飲んだ勢いで屋根から飛びおり、病院に運ばれたため。これで、バー側が未成年に
アルコールを出していたことがバレ、大学当局がライセンスを一時剥奪したのでした。
このバーがうちのパーティー会場にアルコールを提供してくれるはずだったので、
うちらまで巻き添えを食らった、という訳です。

このクソ忙しい時期にやってくれました。
(大人しく宅飲みするかバーに忍びこむとしても泥酔するな!と言ってやりたい・・・)


学生団体経由で契約しているので、直前に会場変更というのは手続上難しく
残った手は自分達でアルコールを調達して売る、という手段。しかしその為には
SOL(Special Occasion License)というアルコールを提供する為のライセンスの取得
が必要で、州営の酒屋と警察の許可が要る。しかし、会場のGSS(Graduate Student Society)
という大学院生向けの施設では原則アルコール持込禁止。ただ、今回は特別なケース
なので、GSS側の議会が特別措置を取ってくれれば、SOLによりアルコール提供が可能になる。

という訳で、GSSの担当者に根回しし、期限的にかなりギリギリのSOL取得の手続き
を人にお願いしたりと、ここ数日奔走していた。
ただでさえ勉強で忙しいのに、幹事として上記のようにあらゆることの連絡係をしなきゃ
いけないので結構ストレスが溜まった。ただ、周りから「この大混乱をスムーズに
取り仕切ってくれてありがとう」という言葉を貰ったとき嬉しかった。


どうにか今のところSOLが取れそうなのであとは祈るのみ。

別にアルコールを諦めればそれで済む話といえばそれまでなのですが。。
この学期末パーティーは教授陣も来るし、一番重要なイベントなので
アルコール抜きというのは大ブーイング必至。


ま、まだ解決とは言えませんが、この一件は勉強にはなりました。

2 件のコメント:

依利 さんのコメント...

そうね、幹事の時ってうまくいかないことが色々あって(大人数で思うようにいかないこととか)、
ストレス溜まるかも。

今は1年後輩の相談に乗ってるだけやからすごい楽。

アメリカ舞台の小説を読んでいて、
ワシントンの桜は、ぜんっぜん日本と違うと主人公ががっかりしてた。
カナダはどうだろう。

yu さんのコメント...

次から次へと予想してなかったことが
起こるのでなかなか疲れますわ。

ワシントンのはソメイヨシノだよね。
そういう意味じゃないか。アメリカで
見たら風情がないって言ってるのかな?

こちらの桜はソメイヨシノかな?
ってのが結構あるけど違う種類もある。
どこで見ても桜は綺麗だと僕は思う
けど・・・