2010/02/28

カナダ人にとってアイスホッケーというスポーツの意味

今日はとうとう五輪閉会式。しかし、その前に!というか閉会式なんてこの際どうでも
いいくらい超重要なイベントが待っていました。
カナダ人が今五輪で間違いなく一番楽しみにしていたアイスホッケーの決勝。
しかも対戦相手は最大のライバル、US。

カナダ人にとってのアイスホッケーはいわばアメリカ人に
とってのアメフト。熱狂的なファンが多くいる国民的競技です。
決勝のチケットの最高額はなんと1700万円(!!)

しかも対戦相手のアメリカは、カナダ人にとって色んな意味で憎らしいライバル。
ホッケーも例外ではありません。金にものを言わせて大事なカナダ人選手をどんどん
NHLに引き抜きやがって、という感情があります。おまけに先週の対戦では惜敗している
ので尚更この試合には熱が入ります。
昨日からカナダ人はそわそわしてました(笑)

明日から学校が再開ですが、そんな国民的お祭りに参加しない訳にはいきません。
ってなわけで寮の友人4人と共に、試合開始の12時に間に合うように10時には
ダウンタウン入りし、観戦用のバーに到着。しかし既に長蛇の列・・・



1時間半くらいかけてようやくバーに入り、早速観戦。昼だってのに既にみなさん
かなり出来上がっています(笑)



試合は第1ピリオッドにカナダが早速先制弾!続いて2点目も決め、幸先の良い
スタートです。続く第2ピリオッドはアメリカが1点返し、尚もアメリカペース。
迎えた最終ピリオッドは両者一歩も譲らぬ展開で、カナダが守りに入った最後の数分間。
アメリカ側はゴールキーパー抜きの全員攻撃体制に入り猛攻をしかける。
そしてなんとあと24秒で試合終了、というところでアメリカは劇的な同点弾。
バーにいた全員ががっくりと肩を落とし、強烈なブーイングの嵐。

試合は4人対4人(通常は5対5)20分間のサドンデス方式に突入。そして延長7分過ぎ、
カナダの英雄クロスビーがサヨナラ弾を決め試合終了!カナダ金メダル!



ゴールが決まった瞬間バーの中は割れんばかりの歓声。バーテンダー自らカウンター
の上に仁王立ちし、客に向かってビールをぶちまけ始める(笑)
客も客で、酔っ払ったまんま肩車やらするもんだから至る所でグラスが
割れ、ビールがこぼれまくり、カオス・・・



一行は街の中心街がどうなってるか見に行くためにバーを出る。
もの凄い爆音の中にいたせいでしばらく耳鳴りがした。
しかし外も大して変わらない。車の運転手は全員クラクションを全力で鳴らし、
道行く人も叫びまくり。知らない人と全員ハイタッチ。みんなトモダチ。

車ともハイタッチ

こちらでもハイタッチ

みんなとハイタッチ!

ハイタッチしすぎて手が痛い・・・

だんだん手が赤くなってきた。。

中心街に近付くとどんどんと人の量が増えていく。

酔っ払いが色んな物に登り始める。

バス停の屋根の上、建物の屋根の上

ここで友人とはぐれる。はい、探すのは諦めましょー。
電話で話すも叫び声と笛の音で何も聞こえない。メールで確認するも、その場所
までたどり着く(数10m)ためにはこの人混みをどうにかかき分けないといけない。
直進しようにも流れに流され、全く意図しないところへ行ってしまう。
20分くらいしてようやく合流。





普段は静かなバンクーバーも、今日ばかりは渋谷センター街もびっくりの人口密度。
本気で常時山手線ラッシュアワー状態。

信号の上・・・



しばしお祭り騒ぎを見物するも、朝から立ちっぱなしでしかも飲んでるので
だんだん全員フラフラしてきたので帰ることに。

ダウンタウンのあまりのバカ騒ぎに、バスも運休してしまってるので途中まで
歩かなければいけない羽目に。しかし、橋の上から見返したバンクーバーは美しく、
夕暮れの光に照らされたイングリッシュベイはとても平和で綺麗だった。
さっきまでの喧噪が嘘のよう。





結局カナダは男子アイスホッケーでも金を獲得。金メダルの数が14個に達し、これは
1つの国が獲得した金メダルの数としては冬季五輪史上最多で、もちろん今回の出場国中
でもトップ。銀銅も合わせた合計は26個で、アメリカ、ドイツに次ぐ3位、という
これ以上ない形で五輪が幕を閉じた。カナダ人はハッピー、ハーパー首相はもっと
ハッピー、カナダ五輪委員会はほっと安心、というところでしょう。

富裕層の娯楽のために巨額の公費を注ぎこみ、他に優先すべき都市問題
(主にダウンタウン東の貧困地区の問題)をないがしろにしている、という批判も
あり、今回の五輪開催に関してバンクーバー市民の間では意見が割れる面も
あったようです。しかし終わってみれば、普段はいささか活気に欠けるバンクーバーが
まさに眠らない街と化し、友人の間では「街がウルサすぎて夜眠れない。やっと
街らしい街になってきたじゃないか!」という嬉しい悲鳴が多く聞かれました。

僕も半分ほどスキー旅行でバンクーバーから逃げましたが、大いに地元開催を
楽しみました。ただ、これを更に規模の大きい夏季五輪で、今の東京でやったら
ただでさえキャパオーバーの電車等インフラがどんなことになるのか、と思うと
想像がつきません・・・

さて、明日から現実に戻り学校が再開です。明日は授業がないので溜まっている
宿題などを片付け、頭を勉強モードに切り換えなければいけません。

8 件のコメント:

kazuya さんのコメント...

ハーパー首相はもっとハッピーって、比較級ギャグ? lol
阪神優勝時の道頓堀なみにカオスやな~!
そんな写真の人たちの「今」を楽しんでる感じがいい!

礼奈 さんのコメント...

題名に吹いた(笑)
カナダ人のプライドを感じる(´∀` )
ホント、色んな意味でアメリカがライバルのカナダを、礼奈は応援したい(笑)

こういうお祭り騒ぎに参加してみたい〜

yu さんのコメント...

>kazuya

まさに阪神優勝ってこんな感じ
なんだろうなあ~って思いながら
昨日は歩いてたよ(笑)
カーネルサンダースどころか色んな
もんが破壊されそう・・・

>礼奈

カナディアンプライド丸出しの
2週間でした。とにかくアメリカに
勝ったのも嬉しいんだろうね(笑)

早くカナダに遊びにおいでー!

yu さんのコメント...

>kazuya

あ、ギャグんとこシカトしてごめんw
happier = Harperはちょっと
無理があるね(笑)

依利 さんのコメント...

うちのオカンがある人とのテニスのペアを解消したのは、
スマッシュ決めた後のハイタッチが痛いから避けたら切れられたっていう話を思い出した。

信号に登る人たちは、人間楓を作ってるね。
愛国だね~

yu さんのコメント...

>依利

なんだその理由は笑
相当痛いハイタッチだったんだね。

人間楓かー、まあ確かにそう
見えなくもない。絶対この人達そんな
こと考えてないだろけど。

QD さんのコメント...

ハ~痛っチ!
ナ~んっチって

yu さんのコメント...

アイタタタタ・・・